BaSICAの企業理念

キャラクターには無限の可能性があります。

身に付けることで、嬉しい気持ちになれたり、自分を投影してみたり、

悲しい時に慰めてもらったり、ストレスを解消してくれたり。

 

生み出されるきっかけも様々です。

アニメ、絵本、漫画といったコンテンツの中に登場することはもちろん、

自社の商品やサービスをプロモーションするための存在としてや、

ゆるキャラブームに見られるように、市町村のシンボルとして誕生する機会も増えています。

我々は、キャラクターの目的に応じたプロデュースを手がけます。

キャラクターのみが持つ強みである「共感」と「伝達」のパワーを最大限に発揮するため、

そのキャラクターを通して「何を伝えたいのか」「どんな気持ちになってもらいたいのか」

本質を徹底的に考え寄り添っていく存在であり続けます。

我々は本質や根本を最も大切にします。

そして同時に、オリジナリティの追求も忘れません。

 

根本(ベーシック:BASIC)にプラスアルファー(A)の工夫と閃きを加えたプロデュースを行う集団でありたい。

その思いから、【BaSICA:ベイシカ】という社名をつけました。

(BASIC+A)ベイシカは、キャラクターを通じて、

人々の日常を豊かにするというミッションのもと、既成概念に捉われず、

チャレンジし続ける集団でありたいと思います。

代表挨拶

「キャラクターに魂を吹き込めば無限のビジネスチャンスが生まれる。」

キャラクタープロデュースカンパニーとは「キャラクターの定義を広げて、ビジネスに発展させていく」ことを目的とした

企業です。私たちが考えるキャラクターとは、人、一人ひとりがもっている「個性」そのものをさしています。

キャラクターをプロデュースを行っていくうえで、ベイシカがもつ強みは、

企画、制作、販売を一貫して進めることができる点。キャラクターを世間に認知させていくためには、「デザイン」

「グッズ制作」「イベントの企画運営」は欠かせない要素ですが、すべてを当社でまかなうことができます。

起業時に「オリジナルキャラクターをつくってコンテンツホルダーになる」という目標を立てました。

今でもその想いは変わりません。いま、世の中には、無数のキャラクターが生まれ、どのキャラクターが人気になるか

見当もつかない状態。目標を実現するためにも多くの経験を積み重ねながら、会社としての体力を蓄え、

信用や知名度を向上させることが必須です。

「キャラクタープロデュースカンパニー」と銘打っているからには、同業者よりも、一歩二歩進んだ発想とスピード感で、

キャラクタービジネス自体の可能性を拡大させていきたいですね。そのために、ライブ配信などのリアルタイムな

コミュニケーションの利便性も活かして、新たなプロデュース方法を模索していきたいと思っています。

​株式会社ベイシカ 代表取締役 中尾恭太

© BaSICA.Inc ALL RIGHTS RESERVED.